転職には何が必要でしょうか。転職活動には今の生活を変える前に準備しておかなければいけないことが多数あります。お金も時間も、限りのあるものです。効率よく転職活動をしましょう。

転職活動に必要なものと面接を受ける女性

ある程度の社会人経験がある人の転職活動とは

経験がある人の転職活動は主に人材バンク系に登録しての活動が中心になります。ある程度の社会人経験といっても期間だけ長くても仕方ありません。それなりの企業での経験が必要です。20年前と比べ年収の上下はほとんどありません。物価の上昇も考慮に入れると実質賃金は下がっているのが現状です。こういった中で経験者の転職とはどういったものか?ちょうど20年前は就職氷河期でした。それを勝ち抜き、ある程度長い間我慢して景気の回復も経験し、今又景気が低迷しつつある中で転職活動をするにはそのときの教訓が生きて十分にリスクヘッジをしての転職活動がこの年代の常識です。すなわち、在職中に次の転職先を確定させてからの退職です。すでに年令も40台に達しているであろうこの世代にとっておそらくステップアップできる転職はラストチャンスと考えて間違いありません。また、何も給与アップのために大手に行く必要はありません。健全な会社であれば中小関係なく給与はアップします。逆に一流企業では途中でやめる社員が少ない分、入るのも難しくかといってそれに見合った実質賃金のアップが望めるかといえばそうでもありません。逆に上司が年令の高めの会社のほうが次の課長、部長に昇格できる可能性を考えると地位のアップ、やりがい等総合的に考えても大企業よりは、健全な中小企業のトップを目指すことが懸命な転職活動といえます。社会人経験の無い、少ない方の転職は、職種自体を変更するようなことも考えられますが、基本、社会人経験をつんできた方にとっては、自分に見合った職種が理解しています。分相応な給与を理解している点も求人企業とのギャップが少なくすむ理由でもあります。決して高望みはせず、かといって安売りをする必要もありませんので今の会社の地位をきっちり守りながらお誘いがあれば受けるといったスタイルが社会人経験を重ねてきた方の活動スタイルです。